多くの育毛剤から比較検討し実力のある男性(メンズ)育毛剤を厳選ランキング

AGA治療で効果が表れる期間

2017/11/10

 

男性ホルモンが影響することで薄毛になるのはAGAといい、
育毛剤などのセルフケアで改善することは難しく、
脱毛専門クリニックなどでAGA治療をすることが良い選択です。

気になるのはAGA治療後にどのくらいの期間で
毛が生えてくることを実感できるかです。

男性ホルモンが発毛のサイクルを乱す原因となるAGAは、
男性ホルモンを抑えるよりも男性ホルモンに一定の影響を与えるところを
ブロックすることが必要で、治療には内服薬を処方することが多いです。

内服薬で約6か月

内服薬は毎日服用する必要ありますが、服用してすぐに薄毛が
改善されるということはなく、約1ヶ月は薄毛の状態は続き効果の
効き目が早い場合で3ヶ月程度で実感することが期待できます。

内服薬を飲み始めてからは発毛サイクルの乱れがなくなり成長しきらない
毛が抜けることが減っていき、今まで抜けていた毛はそのまま成長し、
髪の毛が濃くなったように感じることもあります。

内服薬は6ヶ月程度服用を続けることでヘアサイクルも正常になり
安定するため、さらに飲み続けることでより実感することができます。

頭皮に塗布する外用薬で約3か月

頭皮に塗布する外用薬でのAGA治療もあります。内服薬で男性ホルモンの
影響を抑えて脱毛を抑えることはできますが、活動を休止している毛根は
なかなか生えてこない可能性もあるため直接毛根に薬を注入します。

この治療は、今生えていない毛根を活性化させるため実感できる期間は長くなります。

個人差があり薬の効き目が1ヶ月程度で効果がある場合もありますが、
多くの場合は3ヶ月程度で髪の毛が増えたような実感を得られます。
頭皮への塗布は毎日ではなく3週間に1回直接頭皮に注入して、
5回行なうと徐々に効果があらわれます。

自毛植毛では1年

自分の髪の毛を移植する自毛植毛でAGAを治療することも可能です。
自毛植毛は毛根が完全に活動していない状態などに選択される治療法です。

自毛植毛では植毛すると植毛した時に生えている毛はすべて抜けますが、
植毛が定着すると新しい髪の毛が生えてきます。

定着する期間は数週間必要で、その後にケアサイクルが始まり、
治療後1ヶ月程度で毛は生えてきます。

ふさふさの髪の毛になるには1年程度は必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です